私たちにできること

この度の東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

今回の大震災が、こんなに規模の大きなものになるなんて、誰が想像したでしょう。

毎日テレビや新聞、インターネットで情報を得るにつれ、被害の拡大に心が痛みます。

 

日本は秩序の国であると、海外メディアに絶賛されていたのもつかの間、略奪や窃盗が横行している地域があるという残念なニュースを多く見るようになりました。

避難所での生活の合間に不眠不休でパトロールにあたっておられる方々を知りました。

どうか、どうか他人の物を奪う事はやめてください。

お願いです。

このような震災がおきると、ボランティアの方々の活躍が期待されます。

被災地の取材で、津波の被害にあったものの家を流されるには至らなかったお年寄りの家や地域で、瓦礫の撤去や泥流に浸かってしまった家財道具を撤去するのに、ボランティアの力を必要としている人々がいらっしゃいました。

 

そんなニュースを見ると、自分も一刻でも早く現地へ向かい、一人でも多くの方々のためにお手伝いしたい!と思います。

しかし、ご存知の方も多いと思います、「ボランティア災害」という言葉。

素人が突然現地へ入っても、かえって足を引っ張ることになってしまい、スタッフの方々にご迷惑をかけることになってしまうこともあるのだそうです。

 

では東京で自分に協力できることは何なのか・・・。

実はたくさんあります。

 

ご存じのとおり電力が不足していますね。

使っていない家電製品の電源を抜いたり、電気を点ける範囲をせばめたりするだけで大きな節電につながります。

ガソリンも不足しています。

大きな地震が起きると製油機器が自動停止し、ラインが正常に稼働できるまでに何日か必要になるのだそうです。

だから今だけガソリンは街に少ししか流通していませんが、すぐに正常化すると言っています。

仕事以外の車の給油を、少しだけ待てばいいのです。

今は救援物資を運搬するトラックなどへ少しでも多くのガソリンを供給することが大切です。

 

最近の課題は買占めですよね。

なぜ被災のない東京で買占めをするのでしょう。

みなさんが食料品をはじめとする様々な物資を買い占めないで、一つでも多くのものを被災地へまわすことが、とても大きなボランティアになるのです。

スーパーなどでは少し落ち着いてきたと思いますが、もうこれ以上の買占めはやめてください。

被災地の方々の不便な生活を想ってください。

万が一私たちが被災したところで、トイレットペーパーを抱えて逃げる人なんていないんですから・・・・・。

 

私どもも東京で暮らす一人として、そして一つの店舗として、被災地の方々に対してどのような形で協力させていただけるのかをスタッフと話し合い、一つづつ出来ることから始めています。

そしてこれからも出来る限り続けてゆきたいと思っています。

 

無理をすることはありません。

ですが、今までの生活の中で何かを少しだけ節約したりすればいいのです。

余力のある方は、募金などに協力するのも素晴らしいことです。

いま私たちにできること、それが何かを真剣に考えて、小さなことでも一つづつ実行に移してゆきましょう。

そして一日でも早く復興がかなうよう、一人でも多くの方が精神的に安らげる日がくるよう、心からお祈りしています。