旅 - その2

さて、第二弾です!

 

というか、更新が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

買い付けた商品が仕上がって納品があったり、出張だったりと、なかなか忙しい日々を過ごしておりました。

 

すっかり師走になってしまいましたが、みなさんお元気でお過ごしですか?

 

 

今回は主にテヘランをご紹介します。

 

 

さて、こちらはテヘラン西部にあるミラッド・タワーです。

イランでは最も高い電波等なのです。

地上290メートル地点で展望台が設置されています。

いきなりニョキッと建っているので、かなり目立ちます。

なんとなく東京のアレに、形が似ていますね、こちらのほうが先ですが。

テヘランのシンボルマークの一つです。

 

 

こちらはテヘラン市内にある市場です。

私にとっては当たり前の景色なのですが、皆さんにとってはちょっと面白くありませんか?

 

日本でこんなに果物が野積み状態になっている景色なんて、あまり見かけないでしょ。

しかも全部売り物です。

イランはご存知の方も多くいらっしゃいますが、なにせ多くの種類のフルーツが豊富です。

そしてどれもめちゃくちゃ美味しい!

どこに行ってもたくさんのフルーツの山に出会います。

 

久しぶりに堪能しましたが、本当に美味しかった・・・・・・・・!

 

これは何に見えますか?

 

実はこれは皆さんもよくご存知のピスタチオです。

しかも生!

生でも食べられるんですよ。

しかも生で食べられる時期は限られていて、夏の間のほんのわずかな期間だけなんです。

上の3枚の写真は、ジューススタンドです。

一番左の写真は、にんじんとアイスクリームのジュースで、地元の人々の間では夏バテ防止などから、夏には欠かせないジュースなのです。

 

また、ジュースはその場で果物を搾ってもらって飲むのがポピュラーなスタイルで、果汁100%のジュースのほかに、絞った果汁で作るシャーベットなども豊富に売られています。

 

とにかくイランはフルーツが豊富!

ジュースもとても美味しいのです!

 

 

 

これはなんだと思いますか?

ブドウのジュース?

ん~~~~近い!

 

正解はブドウの果汁から作られた「お酢」を売っているお店です。

 

アヴェグレと呼ばれるこのお酢は、完熟前のブドウから作られるもので、とてもすっぱいのです。

イランの数多くの伝統料理に使用されます。

私も大好きです。

 

 

テヘランのスーパーマーケットです。

 

伝わりますかね、この奥行き。

とにかく広いです。

ここはフルーツ売り場ですが、スーパーにも常時たくさんのフルーツが売られています。

 

 

こちらはイラン最大の聖地、マシュハドにあるモスクの「エマームレザー」です。

とても荘厳で美しい建造物です。

 

この輝きは太陽の光の色ではありませんよ、建物一面に金箔が貼られている輝きなのです。

いつもたくさんの人々が訪れるので、観光場所としても有名です。

 

この建物の中には、イスラム教徒でないと入場できない箇所があるのですが、その中の「エマーム レザー廊」というところに、間寛平さんがアースマラソンで入国した際に足を踏み入れています。

とても珍しい出来事です。

 

 

 

これはペルシャ建国2500年を記念して建造された、アザーディ・タワーです。

 

自由の記念碑という意味を持つアザーディ・タワーは、近代のテヘラン市内の建造物の中でも、かなり目立つ存在です。

夜になるとライトアップなどもしており、とてもきれいな建造物です。

 

この建物の中には、イラン文化の世界への貢献をたたえた歴史博物館があります。

テヘランへお越しの際は、是非ともお立ち寄りください。

 

 

ここはタラガンという村で、私の実家の別荘があります。

 

家の周辺にたくさんの種類の果物や野菜を育てている畑が広がり、帰国するたびに必ず滞在する場所です。

両親がここに広がる広大な土地でブドウを育てており、干して食べるブドウも最高に美味しいです!

 

 

これは父が育てたブドウです。

 

日本のブドウとは違い、房もおおきくてとても甘いです。

 

イランのフルーツは、気候に関係してとても糖度が高くて美味しいです。

皆さんもイラン産のフルーツに出会ったら、是非一度食べてみてください!

やみつきになること間違いなしですよ!

 

 

 

 

さて、旅の様子をお伝えしましたが、私の更新が遅くなったことも手伝って気づけばもう12月ですね。

この温暖化独特の気候とも言われている寒暖差に負けないよう、みなさんも体調管理に気をつけて、年末はいろいろとお忙しいと思いますので、頑張って乗り切ってくださいね!